Catastrophe and the Power of Art
カタストロフと美術のちから展

災害や戦争、テロ、難民問題や環境破壊など、危機的な問題が山積する今日において、美術が社会を襲う大惨事や個人的な悲劇とどのように向き合い、私たちが再生を遂げるためにどのような役割を果たすことができるのか。負を正に転ずる力学としての「美術のちから」について注目し、その可能性を問いかける展覧会。世界40組のアーティストの1人に選出され、東日本大震災以降、東北と熊本の被災地で取り組み続けているアートによる挑戦をインスタレーションで提示しました。

“Catastrophe and the Power of Art” will look at how art deals with the major catastrophes that strike communities, as well as personal tragedies, and the role art can play in our recovery; contemplating - amid today’s mounting crises of war, terrorism, burgeoning refugee numbers, and destruction of the environment - the dynamic “power of art” to turn negative into positive.

■六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 

 カタストロフと美術のちから展
会  期:2018年10月6日~2019年1月20日

会  場:森美術館
主  催:森美術館

■Roppongi Hills and Mori Art Museum 15th Anniversary Exhibition
Catastrophe and the Power of Art

Period:2018.10.6 [Sat] - 2019.1.20 [Sun] 

Venue:Mori Art Museum (53F, Roppongi Hills Mori Tower)

Organizer:Mori Art Museum

MASAKO TAKAHASHI

© 2019 MASAKO TAKAHASHI