~天使になったアーティスト~ 

一瀬晴美回顧展『ハルちゃんの愉快なあしあと』展

2005年に若くして癌で亡くなったアーティスト、一瀬晴美の回顧展。

川の上での実験的なアニメーション上映や手塚治虫アニメーションコンペ

準グランプリ受賞など、 20年にわたり多彩な創作活動を続けた才能あふれるアーティストでした。 アニメーション、映像、絵画、人形など、優しくユーモラスな彼女の作品400点以上を展示しました。

A retrospective exhibition of Harumi Ichinose (Haru-chan), who died of cancer in 2005. In her twenty years of artistic activities, Harumi showed her multi-talented creativity, which included a riverside screening of her experimental animations. Among her many impressive accomplishments, she won second prize at the Osamu Tezuka Animation Competition. More than 400 of her works were exhibited, including animations, videos, drawings, and dolls, all of which reflect Harumi’s gentle and humorous nature.

■~天使になったアーティスト~
 一瀬晴美回顧展『ハルちゃんの愉快なあしあと』展

会  期: 2007年4月18日~4月23日
会  場: ギャラリーきらり 
主  催: 一瀬晴美回顧展実行委員会 (Wonder Art Production)

Artist Who Became an Engel; Delightful Foot-prints of Haru-chan

Period: 2007.4.18-4.23
Venue: Gallery Kirari 
Organized by:Harumi Ichise Retrospective Executive Committee(Wonder Art Production)

MASAKO TAKAHASHI

© 2019 MASAKO TAKAHASHI